4月
21
2014
0

好条件・高収入で小児科に転職するならドクターキャスト

最近では医者の求人情報もネットから気軽に見つけることが可能となりました。中には医師専門の求人サイトもありますので、希望や専門の科目から仕事先を探すことができるでしょう。

自分のステップアップのために転職を予定しているのであれば、総合病院や専門分野において有名な先生がいるところへ行くことが、自分磨きのためには必要かもしれません。

また結婚や出産を経験したことで環境の変化や、1度主婦として医療の現場から離れてしまったという人の再就職もあるでしょう。その場合には希望条件に託児所が完備しているかどうか、既婚者にも働きやすい環境かどうかなどを念頭に置いて求人先を見つけると失敗しないでしょう。

そのためにも小児科や精神科、皮膚科などの専門分野を扱っていること以外にも、タイプ別で色々な医師求人情報が掲載されているかも、求人サイト探しをする時には大切となります。

■ドクターキャストで小児科の求人を探す!

こちらのサイトでは科目別で色々な情報を無料で見ることができます。また働きたい環境に合わせて「常勤」「非常勤」「アルバイト」なども掲載されていますので、自分の都合から仕事を探すことができるでしょう。

また会員登録(無料)をすれば転職のサポートも受けられますので、サイトでは公開していない小児科などの求人情報を教えてもらえます。働きたい希望の曜日や勤務地などの要望に合わせて、専門のコンサルタントがピッタリの仕事先を案内してくれるはずです。

興味があれば参考に。

Written by admin in: 転職活動 |
10月
01
2013
0

テープ起こしは技術と知識があればこそ高品質に

http://www.taperewrite.co.jp/
テープ起こしは誰でも出来そうに見えて、じつはかなり難しい作業です。
タイピングの技術はもちろんですが、耳で聞いたことがすぐに何のことか理解できなければいけませんし、一字一句を間違えないように文字に起こしていくのは相当な時間がかかります。
職場でテープ起こしに精通した人がいれば別ですが、いなければテープ起こしサービスを利用する方が賢明な選択といえるでしょう。

テープ起こしサービスなら「テープリライト」がおすすめです。
テープリライトは音声を自由自在に書き起こして編集してくれる便利なサービスです。
聞いたままに書き起こせば臨場感あふれるシンポジウムや講演会に、簡潔にまとめれば分かりやすい議事録になります。
すなわち、聞いたままではなく「使える文章」にするのがテープリライトの大きな特徴です。
もちろん、その技術や品質の高さも保証付です。

テープリライトではプロが起こした音声を、校閲や取材現場にも携わってきたディレクターがチェックします。
学術分野や医療・医薬品・歯学などの医学系各分野の音声も取り扱いが可能です。
さらに法廷への提出用資料や英語・フランス語・ドイツ語などの外国語の音声も起こすことができますので、まずはご相談ください。

テープ起こしの「テープリライト」のサイトは⇒こちら

Written by admin in: サービス |
6月
13
2013
0

CYDASの人材管理システム

こちらでは人材管理システムのおすすめWebサイトCYDASの人材管理システムをご紹介します。

例えば、どのような事例があるかというと、ヒューマンエラーが原因で事故が多発している企業がありました。工場長さんが見かねてこちらのシステムを導入。大きな事故を見越して、就業規則などを見直しや管理体制の強化などに取り組みました。その結果、工場での事故が前年比の92%削減することができました。
企業にとって、人材は最も重要な資産だと言われていますが、その価値を正しく把握している企業は少ないと思われます。

こちらのシステムを導入することによって蓄積・分析・活用・予測と可能になります。
無料でトライアルできるようにもなっています。
お問い合わせは電話や専用フォームからできます。資料請求もフォームからできます。導入までの流れもこちらで解説しています。
こちらのシステムの特徴は、いろいろな情報を一元化して管理、分析、シミュレーションすることによって、人事の業務プロセスである採用・配置・育成・評価・メンタルケアなど継続的に人事戦略を建てられるシステムとなっています。

無料トライアルでは、従業員データを投入すると翌日からシステム上でいろいろな状況確認が可能になります。人材の履歴情報を参照するだけでなく、経営戦略に結び付けることができるようになります。

Written by admin in: ビジネス全般 |
6月
02
2013
0

小さな企業ほど人材管理は遅れがち

組織の力を最大限に高めるためには人材管理が大切になります。個人が持っている最大限の力を発揮できるようにし、適材適所に人員を配置、労働環境を整えてストレスなく仕事を行うことができれば自然と組織はいいものに変わっていきます。会社の業績が落ち込んでいる、人間関係のトラブルが多発している、辞職する人が多いといった悩みはすべて人材管理が上手くいっていないために発生している問題です。

人材管理は言葉で言うほど簡単な問題ではありません。個人個人にはそれぞれ能力による違いや、今までの人生経験などから生まれる多様な価値観が存在しています。そういった個人の特徴を把握し、最も機能する場所に配置するのはただ面接を行ったりしてみても分からない部分です。人材情報を集め様々な実績や能力を評価し、育成を行いさらに企業に必要となる人材にするために人材管理が必要になるのです。

大きな企業になるほど人材管理は行われるようになっています。逆に小さな企業ほど人材管理は遅れがちです。人材管理の遅れている企業こそ人材の評価育成が必要です。人材管理システムを取り入れて企業の根幹を支えられるような人材を多く育てていくと企業自然と活力を帯びたものになっていきます。

Written by admin in: ビジネス全般 |